忍者ブログ
気楽会の観光案内課 



第30回6月12日(日)参加者募集中です。

第30回「気楽会の観光案内課」
日時:2016年6月12日(日)9:00~16:00
集合場所:気仙沼市役所
参加費:2000円

お問い合わせはメールで
↓↓↓↓

kesennuma_kirakukai@yahoo.co.jp 主催:気楽会
気楽会のツイッター
tuita.gif
ツイッター試験的にはじめました!
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[01/30 気仙沼ジャン]
[11/18 とも]
[11/15 nao遠江守]
[01/22 カズ]
[01/22 あかぴ]
ブログ内検索
月ごとの記事
カウンター

今見ている人:
ガイドライン
楽しく見てもらうために

次に掲げる目的や用途のために
本ブログを利用している、と管理者側から判断した書込みは、予告なく削除させて頂きます。


・いやがらせ、悪口、脅しなど、当団体・個人等を野次ったり、傷つけたりする目的で利用すること

・その他、管理者側から見て不適切だと判断する書込み ご協力お願いします。
アクセス解析
[2266] [2265] [2264] [2263] [2262] [2261] [2260] [2259] [2258] [2257] [2256]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



かずきです。昨夜開催した『Katari Bar(語り場)』には、多くの皆さんにご参加いただき本当ありがとうございました!地元の方々をはじめ、東京や大阪など全国から訪れているボランティアの方々合わせて約40人の皆さんに参加いただきました。





気楽会にとって、KBは地元の若者などがつながる場、交流する場として発足以来定期的に開催してきました。震災後、初めての開催となった今回は、被災地で活動されているボランティアの皆さんと地元市民が直に意見交換することで、課題など情報を共有したいとの思いから企画しました。





被災した地元の参加者からは、震災当日の体験談を交えながら、避難所などでの様子や3ヶ月を迎えての現状を語りました。





「震災当初は情報不足から物資の度合いが避難所によって差があった」「家は残ったが仕事を失ったことで、物資や支援金がないため苦しい生活を送っている」現状など、不安やストレートな思いが次々と出ました。





一方、ボランティアの皆さんからは、「助けを必要とする人と支援する側のニーズが必ずしも一致していない」などの意見や要望もありました。








地元側とボランティア双方に共通していたのは、『地元の情報を共有できる場が少ない』ということでした。これ以外にも、さまざまな提言や要望が出され、とても有意義な意見交換ができたと思います。





終盤では、気楽会と交流してきた山口県のマウンテンマウス・まーしーが、気仙沼の復興応援ソング「いつかの港町」をギター一本で披露。被災地の情景や明日への希望を乗せた素晴らしい歌、そしてメロディーでした。





思いがけない収穫もありました。皆さんからのアイデアもあり、今後も定期的に地元の人たちとボランティアとの意見交換の場を継続して設けていくことをみんなで確認しました。





さっそく、来週23日(木)にも同様に開催する予定で調整しています。出された意見や課題をもとに、それぞれのネットワークを生かして新たな視点での支援策につなげていければと考えています。





どんな展開になっていくのか、個人的にも楽しみです。まずは思いを共有することから。気仙沼の今を見つめながら、復興に向けて自分たちができることを少しずつ考える機会になればと思っています。











PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]