忍者ブログ
気楽会の観光案内課 



第30回6月12日(日)参加者募集中です。

第30回「気楽会の観光案内課」
日時:2016年6月12日(日)9:00~16:00
集合場所:気仙沼市役所
参加費:2000円

お問い合わせはメールで
↓↓↓↓

kesennuma_kirakukai@yahoo.co.jp 主催:気楽会
気楽会のツイッター
tuita.gif
ツイッター試験的にはじめました!
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[01/30 気仙沼ジャン]
[11/18 とも]
[11/15 nao遠江守]
[01/22 カズ]
[01/22 あかぴ]
ブログ内検索
月ごとの記事
カウンター

今見ている人:
ガイドライン
楽しく見てもらうために

次に掲げる目的や用途のために
本ブログを利用している、と管理者側から判断した書込みは、予告なく削除させて頂きます。


・いやがらせ、悪口、脅しなど、当団体・個人等を野次ったり、傷つけたりする目的で利用すること

・その他、管理者側から見て不適切だと判断する書込み ご協力お願いします。
アクセス解析
[2169] [2168] [2167] [2166] [2165] [2164] [2163] [2162] [2161] [2160] [2159]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



かずきです。今朝、気仙沼市内もようやくdocomoが繋がるようになりました。今回の地震・津波で、実家も自宅も全壊となってしまいました。幸い、家族は命からがら逃げて無事でしたが、今だ行方不明の親戚、友人、お世話になった方々もおり、ただ、ただ皆さんの安否が気掛かりで、夜もあまり眠れない避難所生活を送ってます。



僕の大切な友人の一人も亡くなってしまいました。本当に悲しく、やりきれない思いでいっぱいです。亡くなられた方々の御冥福を、この場を借りてお祈り申し上げます。



家族の写真も津波で流され、ほとんど残ってなく、唯一、携帯に残っていた家族との思い出写真、気楽会でみんなと楽しい日々を過ごした写真、生まれ育った気仙沼の街並み、景色などなど・・。あえて過去を見るのを拒んでいたけど、写真を眺めれば眺めるほど、昨晩は我慢していた涙が・・。そして、「なぜ」と自問せずにはいられませんでした。



自分がいる市総合体育館「ケー・ウエーブ」には現在2000人近くの皆さんが避難しています。市役所や自衛隊、近隣自治体、全国の皆さんの温かいご支援によって、食料や水など物資の供給も一定程度届くようになりました。本当にありがたい限りです。しかし、まだまだ厳しい環境の避難所等も数多いのが現状。とくに燃料不足は深刻です。



そんな中、避難所では中学生、高校生を中心としたボランティアのみんなが自発的にサポートする姿がありました。頭が下がる思いで、僕も少しながら、出来る限りのお手伝いをさせてもらってます。



そして昨日、初めて気仙沼にいる気楽会の仲間たち何人かとワン・テンビルで震災後、久々に再会することができました。僅かな時間でしたが、それぞれ、皆つらい思いをしてるはずなのに、その時間だけは本当心が和みました。気楽会にかかわってきた皆さんの安否情報や生活情報をできる限り共有し、ネットワークを使って小さな事でもサポートしていくことを確認しました。



一人じゃない、仲間がいるありがたさを、心底身に染みました。そして、このブログ等も通じてご心配してくださった多くの皆さん、温かい励まし、お言葉をいただいた皆さんに心から感謝します。





僕たちは、決してあきらめません。必ず『復活』してみせます。僕も今まで以上に、一日、一日をとにかく一生懸命生きていく覚悟です。この先、生活がどうなるか、何ができるかさえ分からず、不安でいっぱいだけど、こうして今(命)があることに感謝し、微力ながら誰かの支えになれればと思います。



こういう状況だけに、ブログを書くこと自体正直、悩みましたが、明日に向かってゼロから頑張ろうとしているみんな(若者)がいることを気仙沼から全国の人に知ってほしいと思い、思い切って書きました。

希望の光を信じて-。







PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
とりあえず
皆、元気に何とかやってるみたいで安心しました! まだまだこれからが大変だけど、一樹君の様に一人でも多くの人が前向きになって立ち上がれは復興も早くなると思います。
とにかく精一杯今は行きましょう!!
TK 2011/03/20(Sun)11:13:11 編集
気仙沼が大好きな関西人より
気楽会の皆さん、ブログは出来れば続けて下さい!私も微力ながら、関西から出来る限りの発信をしたいと思います!

少しずつ、少しずつですが、力が集まっています。日本中が今、世界中が今、東北に、気仙沼に、目を向けています!

大好きな気仙沼の未来の為に、少しでもお役に立てればと思い、私も出来る事からやらせて頂きます!!
さくらボウル元支配人 ヨッシー URL 2011/03/20(Sun)12:36:34 編集
2164
今から20年前に気仙沼の市場の上で海技免許を受講していました。
市場の近くで下宿してました。
あんなになるなんて・・・・
気仙沼、しづかわ、唐桑、大船渡等友達が沢山います。
10代の時、58昭福丸に御世話になり、そこから、号数は忘れましたが、昭福丸でおせわになりました。
1990年代です。
あの時高知県から一人、後は全員東北の方でした。
言葉がなかなか通じず、よく聞き直してたこと覚えてます。部屋に呼んでもらって、一緒に酒を飲み、みんなに暖かくしてもらいました。
行けるなら、すぐに気仙沼に行きたい気持ちです。
そちらにいけるようになれば必ずいきます。
暖かい宮城県人が大好きです。
唐桑に行った思い出、講習が終わった時に市場の近くの港でこれからの仕事、夢を語りあったのを思い出します。
一緒に仕事した仲間や友達、その家族の無事を祈ります。
書くだけで涙が出てきます。
当時昭福丸で一緒に乗船していた船員の知り合いで分かる人がいたら情報ほしいです。

あのねばり強さ!優しさ、仲間意識、人を大事にする心、東北の方は芯が強く、絶対復興できると確信しています。
支援が足りない所もまだあると思います。
一日一日、未来が開けて来ると思います。
上向いて!
気仙沼大好きです!
高知のO 2011/03/20(Sun)13:49:14 編集
ケーウェーブへ
かずきさん、ケーウェーブに避難されているんですね。うちの自治会の人たちがそこへ援助をしに行っています。
みなさんが無事でも、どこに避難されているかわからなかったので、この日記は私にとって強力な綱となりました!
しほ 2011/03/20(Sun)17:07:16 編集
是非とも
大阪からの温かいエールありがとうございます。

自分も東京からの声を伝えてますが、大阪からの声も聞けたらこのブログも盛り上げると思います。

是非宜しくお願いしますm(__)m
TK 2011/03/21(Mon)12:46:22 編集
教えてください
気仙沼の写真家佐々木徳朗さんの安否を探しています。この会でも講師として写真のアドバイスをされています。水梨というところで農民の写真を撮りつづけている方です。ご存知でしたら教えていただけませんでしょうか?
仙台市若林区 鈴木
suzuki 2011/03/22(Tue)22:17:03 編集
suzukiさんへ
了解しました。
その件については、あべくんも心配していると思うので
何か情報ないか聞いてみたいと思います。

あとは、ツィッターやmixiでも安否情報のやり取りが
けっこうなされていますので、よろしければ
そちらもぜひご活用ください。
やまだ 2011/03/23(Wed)07:11:23 編集
>suzukiさんへ
suzukiさんコメントありがとうございます。

佐々木徳朗さんですが、ご家族ともにお変わりないということでした(先ほど電話で確認しました)。

佐々木徳朗さんが生活されている水梨地区は、山間部のため、比較的平穏ということです。現在電気・電話は通じますが、水道はまだのため山水をご使用になっているということです。

私も徳朗さんの記録写真が大好きです。

気楽会・阿部 2011/03/23(Wed)07:29:27 編集
感謝!感謝です!
阿部様
突然のお願いに早速動いていただきありがとうございます。佐々木さんが無事だとわかって、心からほっとしています。
気楽会の皆さん、是非気仙沼から発信を続けてください。お願いします。
子供が剣道の試合をした体育館が皆さんの避難所になっていることに気付きました。復興して、再び「さんま杯」に参加する日が来ることを願ってやみません。
仙台もいま必死で動いてます。つながっていきましょう!
suzuki 2011/03/23(Wed)19:35:27 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]