忍者ブログ
気楽会の観光案内課 



第30回6月12日(日)参加者募集中です。

第30回「気楽会の観光案内課」
日時:2016年6月12日(日)9:00~16:00
集合場所:気仙沼市役所
参加費:2000円

お問い合わせはメールで
↓↓↓↓

kesennuma_kirakukai@yahoo.co.jp 主催:気楽会
気楽会のツイッター
tuita.gif
ツイッター試験的にはじめました!
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/01 むらさん]
[01/30 気仙沼ジャン]
[11/18 とも]
[11/15 nao遠江守]
[01/22 カズ]
ブログ内検索
月ごとの記事
カウンター

今見ている人:
ガイドライン
楽しく見てもらうために

次に掲げる目的や用途のために
本ブログを利用している、と管理者側から判断した書込みは、予告なく削除させて頂きます。


・いやがらせ、悪口、脅しなど、当団体・個人等を野次ったり、傷つけたりする目的で利用すること

・その他、管理者側から見て不適切だと判断する書込み ご協力お願いします。
アクセス解析
[2176] [2175] [2174] [2173] [2172] [2170] [2169] [2168] [2167] [2166] [2165]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



気楽会東京支部のアキヒロです。

「想いは一つ」と前回書かせていただきました。
日本はもちろん世界中の方が日本を応援しています。
私の同級生でドイツで絵画の勉強、修業している小野寺綾さんという方がいます。
遠くにおりましても気仙沼を想う気持ちは皆さんと同じです。
その小野寺さんが気楽会日記を通じて、世界中が
気仙沼、東北、日本を応援していることを伝えたいことがあると
いうことで今回はゲストいう形で紹介させていただきます。



***************

気仙沼の皆さん、

こんにちは。
ゲストですが、気楽会(仮)ドイツ支部の綾です。

私は今、ドイツの芸術大学で絵画の勉強しています。

気仙沼の家族はなんとか無事でしたが、友達と親戚、大事な人たちを津波で失いました。
正直、涙は止まりません。
心の中に、大きな穴が空いてしまったような喪失感があります。

けれど、私は、故郷である気仙沼が、宮城が、東北が大好きです。
18歳まで私を育ててくれたのは、東北の宮城県気仙沼市です。
今度は私が、そして同年代の皆が、故郷への恩返しとして育てて行く番だとおもいます。

今、26歳の私にできることは、将来、東北をまた、以前よりも元気に復興させることです。

そのため、微力ではありますが、この一週間、ドイツで自身の絵画の展覧会を通して、義援金集めをしていました。

私自身が集めた、気仙沼への義援金は10万円以上貯まりました。
東北全体への義援金はドイツの独日協会や在独日本人達が、集めて下さり、100万円以上です。
ドイツ赤十字は、ドイツ国民からの募金3億円を日本の震災地や医療団体へ送ります。

もちろんお金の価値は人様々だと思います。

10歳のドイツの子供達までが、なけなしのお小遣いから、1ユーロ=約100円の寄付をしてくれました。

「大人の人からもらうから大丈夫だよ」と私が言うと
「うーん、でも募金させて!日本が好きなの、助けたいの!」と元気に答えてくれました。

皆さん、涙もやりきれない思いも、失望も、怒りも、悲しみも、悔しさも、後は絶たないと思います。

でも世界中が今、気仙沼の、東北の、そして日本の味方です。

私がここに書きたいと思ったのは、ドイツの人の気持ちを届けたかったからです。
亡くなった人達のためにも、命がある限り、生き延びた分、生きて行きましょう。
みんなで力を合わせて、また素敵な街を作って行きましょう。
希望を失わない限り、目標となって、絶対に達成することができます。

大好きな故郷へ

ドイツより祈りと心を込めて

小野寺綾
PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
初めまして
募金活動お疲れ様でした。
異国の地での募金活動は、なかなかの勇気が必要で大変だったと思います。
綾さんの行動に我々も勇気をづけられました。
綾さんは、夢に向かって頑張られてると聞いてます。
故郷気仙沼がこういう状況で心配はつきないと思いますが、綾さんの成功、活躍は気仙沼の利益につながると思うので、ドイツでは夢に向かい全力で駆け抜けて頂きたいと思います。今後とも宜しくお願いします。
TK 2011/03/25(Fri)10:29:28 編集
あやっぺ!
あやっぺ、気仙沼のためにありがとう!あやっぺが頑張ってることが誇らしいです。
いつかみんなで会おう!全員で会える事はなくなっちゃったけど、ちゃんとあって、近況報告しよう。思い出までは震災も奪わなかったから、みんなで笑いあえたらいいな。
あかり 2011/03/25(Fri)20:22:32 編集
無題
>TKさん

初めまして。
嬉しいコメントをありがとうございます。
直接助けることは出来ない分、日本にいても、異国にいても、どこにいても、気仙沼人として誇りを持って、これからも活動していこうと思います。故郷に恩返しがもっとできるようになるように、自分の可能性、最大限に生かして、いこうと思います!
2011/04/02(Sat)01:51:03 編集
無題
>あかり

元気づけられるコメントありがとう!
鼎の卒業式以来だね!
絶対また、みんなで会おう!悲しみは簡単にとれないけど、それが故人を好きだったていう正直な気持ちだよ。
きっと皆、その場所場所で、一生懸命自分にできる小さなことから始めてれば、きっといつか大きな力になると思う。もっと素敵な故郷を作って行こう!この経験を悲しみだけで終わらせないようにしよう。また会えるのを楽しみにしてるから、体に気をつけてね!
2011/04/02(Sat)01:58:31 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]